ニキビちゃんねる – ニキビ・ニキビ跡の治し方

繰り返すニキビ・ニキビ跡に悩む20~30代向けにニキビ治療や治し方をご紹介

ミノマイシン(ミノサイクリン)でニキビは治る!? – 副作用や効果、使い方は?抗生物質の飲み薬 / 皮膚科 / 処方薬

スポンサーリンク

ミノマイシン(ミノサイクリン)でニキビは治る!? – 副作用や効果、使い方は?抗生物質の飲み薬 / 皮膚科 / 処方薬

f:id:gaicon-march:20180819200059j:plain
f:id:gaicon-march:20180819200123j:plain

画像出所:QLife(https://www.qlife.jp/meds/rx110.html

 

ニキビが繰り返して治らない時に頼りになるのが皮膚科です。

そして現在の皮膚科で処方される代表的な飲み薬が「ミノマイシン(成分名:ミノサイクリン)」です。

 

ミノマイシンは赤ニキビなどの重症ニキビを早く治すという点で非常に効果があります。

その一方で副作用もあるため、使い方を守ってニキビを完治できるようにしましょう。

 

ミノマイシンの具体的な効果と副作用等について紹介します。

 

ミノマイシンの成分と効果は?

まずはミノマイシンがどういった薬なのか?について、その後ニキビへの具体的な効果を紹介します。

 

ミノマイシンとは?成分について

テトラサイクリン系の抗生物質が主成分となっている飲み薬です。

 

ニキビ炎症の原因となるアクネ菌を抑える作用があります。

つまり、ニキビ菌を減らす作用です。

これはニキビ菌が増殖するために必要となるタンパク質の合成を阻害することによる効果です。

 

また、リパーゼというニキビ炎症を引き起こす脂肪酸を抑制する働きもあるため、ニキビに直接的な効果があります。

 

具体的な効果 – ニキビはどれくらいで治るのか?

次に、どのようなニキビが治るのか、どのくらいの期間で治るのかについて紹介します。

  • 効果があるニキビ
    →赤ニキビなど、重度の炎症ニキビに効果的。
    ポツポツした白ニキビは炎症を起こしていないため、ほとんど効果が無い。
    また、紫ニキビなど炎症が進み過ぎたものにも効果が無い。

  • 治るまでの期間
    →3〜5日程度で効果が出る。
    赤ニキビが小さくなるなど、数日で目に見える効果を実感できる。

 

ミノマイシンは飲みはじめてからすぐにニキビが治り始めるなど痛いシコりニキビや赤ニキビには非常に効果的な薬です。 

 

効果的な使い方

先ほど紹介した効果を発揮させるために、適切な使い方を理解することが大切です。

 

  1. 飲む量を守る
    1日2回(1錠ずつ)が適切な服用量です。
    食後30分以内に、朝・夜と分けて飲むことで効果を24時間継続させることができます。
    飲み忘れたからといって、1回に2錠飲んでも効果が上がらず、むしろ副作用が起きてしまいます。

  2. 乳製品やナッツ類(大豆製品)と一緒に摂らない
    ミノマイシンは牛乳やヨーグルト、チーズなどに含まれるカルシウムに結合されてしまい薬の吸収率が下がります。
    また納豆や豆腐、ナッツといった大豆製品に含まれるマグネシウムも同様です。

    なるべく薬と同時に摂取しないようにすることが大切です。

 

どのような副作用があるのか?

ミノマイシンは抗生物質の一種であるため、高い効果がある一方で、副作用も起こる可能性があります。

代表的な副作用としては以下があげられます。

  • めまい
  • 腹痛や下痢
  • 胃の不快感

特に、お腹が緩くなるといった副作用は多く見られるようです。

私もたまに服用しますが、いつもお通じが良くなったり下痢気味になります。

 

これは抗生物質が体内の善玉菌まで殺菌してしまうことによって起こる副作用です。

 

このような副作用を理解した上で生活に支障が出ないように服用するのが良いでしょう。

 

 

2週間以上飲むのはNG!(使い方の注意点) 

効果的な使い方とは別に、注意すべきことがあります。

それは「2週間以上は連続して飲まない」ということです。

つまり、長期間飲み続けることは良くないとされています。

 

その理由は、ミノマイシンに対する「耐性菌」が体内で出来上がるためです。

 

ミノマイシンは抗生物質であり、強い効果があるため一時的に体内のアクネ菌を殺菌します。

しかし、身体が体内のあらゆる菌(善玉菌など)を守ろうとして耐性菌を作るのです。

 

そのため2週間以上使用すると、どんどんとミノマイシンの効き目がなくなり、ニキビが治らなくなってしまいます。

 

ミノマイシンを処方される際にお医者さんから説明されると思いますので、服用期間を守って使用することが重要です。 

 

実際に飲んでみたメリット・デメリット 

私は今でもニキビができてしまうので、ミノマイシンを服用しています。

ミノマイシンのメリットとデメリットについて紹介します。

 

メリット(実感した効果)

効果がすぐに出るという点です。

大きなシコリ赤ニキビがすぐに治ります。


ニキビが酷い時は10個ほど赤ニキビがありましたが、3日程度でニキビが小さくなりました。

5日経つとほとんどのニキビが凹んで無くなりました。(赤みは残ります)

 

デメリット

2週間以上は使用できないということです。

非常に効果があって飲み続けたいのですが、それ以上飲むと効き目が無くなってしまうため、数日の使用で止めています。

 

ミノマイシンは一時的なニキビ改善に適していますが、長期的にニキビができなくなる訳ではありません。

そのため、ピーリングをしたり普段の生活習慣を見直すなど根本的にニキビが出来ない肌作りをすることが必要とされています。

 

 

また副作用でお腹が緩くなることもデメリットの1つです。

ただ、使い方さえ守れば酷い下痢状態にはならないので問題ないレベルです。

 

まとめ

ミノマイシンはとても効果的な薬です。

特に、どうしても治らない赤ニキビがある人や、痛いニキビが繰り返す人は皮膚科やクリニックで処方してもらうのが良いでしょう。

 

とはいえ、ミノマイシンはあくまで一時的にアクネ菌の増殖を抑える薬です。

ニキビが出来ない肌にするためには、皮脂の毛穴詰まりを予防したり、皮脂の過剰分泌を抑えることが必要なので、ミノマイシンと同時に根本的な予防にもしっかり努めることが大切です。