ニキビちゃんねる – ニキビ・ニキビ跡の治し方

繰り返すニキビ・ニキビ跡に悩む20~30代向けにニキビ治療や治し方をご紹介

【鼻(はな)ニキビ】場所別 治らない大人・男ニキビの原因 / 自分で出来る対策 / 治し方 / 治療方法

スポンサーリンク

【鼻(はな)ニキビ】場所別 治らない大人・男ニキビの原因 / 自分で出来る対策 / 治し方 / 治療方法 

f:id:gaicon-march:20180609201423p:plain

 

はじめに

今回は、悩まれている方も多いと思われる”鼻ニキビ”ができる原因と治し方・対策方法について、書いていきたいと思います。

 

鼻はおでこと同様に顔全体で毛穴、皮脂分泌量が非常に多い箇所です。

いわゆる”Tゾーン”に相当するので、若年層の人に見られる思春期ニキビの好発部位に当たります。

 

しかし、20代以降の大人ニキビが発生するケースも多いです。

気付いたら鼻に痛みを感じ、大きなニキビができてしまっているという方も多いと思います。

鼻は皮脂詰まりが起こりやすい箇所なので、一度ニキビが出来てしまうと、ニキビが悪化して炎症を伴う赤ニキビに発展しやすいのです。

  

また小鼻のニキビが目立っていたり、毛穴が広がってイチゴ鼻になってしまうというケースも多いです。

 

ですので、今回の記事を通して様々な原因について理解し、根本的な対策をしていただくことをお勧めします。

 

鼻ニキビが出来てしまう原因

鼻というのは、顔の中でもっとも毛穴が多く、大量に皮脂が分泌される箇所です。

※Tゾーンというところですね。

 

鼻はいったんニキビが出来てしまうと、大量に分泌された皮脂に集まってくるアクネ菌が住みつき、炎症が発生するケースも多いのです。

 

炎症を起こしたニキビは陥没、毛穴拡大などの跡が残ってしまいやすく、いわゆるイチゴ鼻になってしまう恐れも。

可能な限り、悪化する前の白ニキビ、黒ニキビといった段階で治療してしまったほうが安心です。

 

ずばり、鼻ニキビは下記2つが主な原因となっています。 

  1. ホルモンバランスの乱れ(睡眠不足・ストレス)
  2. 外部の汚れ・刺激・乾燥

他のニキビと同様にホルモンバランスの乱れによって皮脂が過剰分泌している可能性が高いです。

また鼻というのは外部の刺激を受けやすい場所です。

 

ただでさえ皮脂が多いのに加えて外部の汚れなどが付着してしまうと、すぐにニキビができてしまいます。

※自分で触ってしまう方も多いですしね・・

 

ちなみに顔の場所ごとのニキビを対策する前に、ニキビ全体に共通する根本的な原因を知ることが非常に重要です。

下記記事で説明しているので、まずはこちらをご覧ください。

 

↓ニキビの根本原因について

mens-nikibihada.hatenablog.com 

それでは次章で、鼻ニキビの2つの原因について説明していきます。

 

ホルモンバランスの乱れ 

ホルモンバランスはニキビ全体に関わっています。

つまり鼻だけではありません。

 

ホルモンバランスの乱れとは自律神経の乱れを意味します。

この乱れによって何が起きるか?ですが、簡単にいうと皮脂の分泌がますます過剰になってしまいます

 

ニキビの原因となる皮脂分泌→毛穴詰まりに繋がってしまうのです。

特に鼻ニキビは特に皮脂分泌が多い場所なのでさらに顔の脂が増えてしまうと大変なことに・・。

 

ホルモンバランスの乱れの原因は「ストレス」「睡眠不足」です。

ストレスや睡眠不足などによって体内の男性ホルモンが増加してしまい、結果的に皮脂分泌が促されてしまいます。

 

ホルモンバランスの原因や対策について下記の記事で詳しく書いているのでご覧ください。 

 

↓ホルモンバランスの崩れについて詳細はこちら

mens-nikibihada.hatenablog.com

 

外部の汚れ・刺激・乾燥

鼻という場所は、顔の中でも外部の刺激を受けやすい場所です。

なぜかというと、顔の中でも出っ張っている部分であるため外部の空気に触れやすいのです。外の空気と摩擦してしまうのですね。

 

そのため、他の場所に比べて乾燥も起きやすくなります。

イチゴ鼻のように毛穴が大きくなってしまう理由は、

乾燥によって肌の角質が硬くなり、毛穴が詰まってしまっていることに関係しています。

 

つまり、普通に生活しているだけでも鼻という箇所は非常に汚れやすく、アクネ菌がたまりやすい場所だと理解してください。

 

また自身の癖でついつい触ってしまうことはないでしょうか?

もし触ってしまうことがあるとしたら、すぐにやめましょう。

皮脂が多い+外部の汚れ+手の汚れ によってニキビが発生する要素しかありません。

 

鼻ニキビを直すケア方法・対策

鼻ニキビを治す上では2つの対策が重要となります。

 

先ほど述べたように、鼻ニキビの原因はホルモンバランスと外部の汚れなのでその2つに対してしっかり対策をすることが重要となります。 

  1. ホルモンバランスを整える
  2. 外部の汚れが付着しないようにする
  3. 乾燥しないように保湿する

この3点について、簡単に説明したいと思います。

 

ホルモンバランスを整える

ニキビにとって根深い問題でもあるホルモンバランスについて対処する方法です。

 

一言で言えば、これにはサプリメントが有効です。

サプリメントの中でも「大豆イソフラボン」のサプリを摂取することがオススメです。

 

理由は、大豆イソフラボンにはホルモンバランスを整える作用があるからです。

正確に言うと、ホルモンバランスの乱れの原因である男性ホルモンの過剰分泌を抑制する働きがあります。

 

そのためイソフラボンを摂取することで頬だけでなく顔のニキビ全体に効果があるのです。

ちなみにサプリメントではなく、納豆や豆腐といった通常の食事からイソフラボンを取ることも可能です。

ただ毎回の食事に気をつかうのは難しいですし、納豆や豆腐には脂質というニキビに繋がる脂成分が含まれているため、私はサプリメントを使っています。

 

サプリメントに抵抗がある方もいるかもですが、体に悪いことは一切ないのでオススメですよ。

 

↓サプリメントについては下記で詳しく書いているのでご覧ください。

mens-nikibihada.hatenablog.com

 

ちなみに男性ホルモンを抑制する薬もあり、これは皮膚科やクリニックに行くと処方してもらえます。

ただ、女性のみの処方となりますので男性はNGとなります。

 

サプリを飲んでもニキビが治らない女性は皮膚科やクリニックに行ってホルモン治療を相談してみるのが良いでしょう。

 

外部の汚れが付着しないようにする

他記事でも書いていますが、基本的な対策として鼻に触れるものは清潔に保ちましょう。私が心がけていることは以下のようなことです。

  • 朝夜は必ず洗顔する
  • 顔拭きタオルは2回使ったら選択する
  • 枕シーツは1週間に一回洗う
  • 鼻を触らない
  • マスクをしない(鼻と接触するため)

 

乾燥しないように保湿する 

外部の刺激によって肌がダメージを受けると、ニキビの発生率は大きく上がってしまいます。

特に乾燥などの強い刺激から守る事が非常に大切になります。

先ほども説明したように、鼻は顔の中でも最も外部の刺激を受けやすくなっているためデリケートになる必要があります。

 

まず洗顔方法と保湿ケアの見直しが大切です。

洗顔については、強く洗いたくなる気持ちはよく分かりますが、かえってニキビを発生させる乾燥要因になることがあります。

そのため泡を転がすようにして、手やスポンジは接触させないようにしてください。

 

また、先程書いたように鼻に限らずニキビ全般にいえることとして、角質層の乾燥がニキビの原因です。

 

日頃から保湿ケアをしっかりすることでニキビの発生率を大きく下げることができます。

 

最後に

鼻ニキビの発生や悪化することをを防ぐために大切なことは、先程書いたように内部の問題と外部の問題をクリアにすることです。

 

それは、刺激を与えない洗顔方法に変えたり、化粧水によってしっかり保湿し、角質層の乾燥を防いだりする方法が挙げられます。

 

しかしながら、もし大きな炎症ニキビができてしまった場合は、皮膚科に行って、塗り薬を処方してもらったり膿を抽出してもらうのが良いでしょう。

 

悪化しすぎると、無理に潰していなくてもニキビ跡になってしまう可能性があるため、早め早めの対策をしてください。